韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第10話 陰謀には陰謀を

2020/05/12
オスマン帝国外伝 0
オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の10話は「陰謀には陰謀を」です。あ~やっぱりイブラヒムは好かんわ。以下ネタバレのあらすじですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

スレイマンのお気に入りがナディアだと思い込まされたヒュッレムは、スンビュルとギュルシャーに「始末」するよう命じました。スンビュルは、シュケルのお菓子に睡眠薬を混入させてハレム中の人間を眠らせ、ギュルシャーと二人がかりでナディアを殺し、広間にその遺体を吊り下げて「自殺」に見せかけます。というよりあれはむしろ見せしめでやんすね

その少し前、ナディアが狙われていることに耐えられなくなったフィルーゼは、明日必ずヒュッレムに真相を明かすとナディアに伝えに来ていました。ナディアは、いつ殺されるかとずっと恐怖におびえて暮らしていたため、フィルーゼの真心に感謝したばかりでしたのに

フィルーゼはアフィフェに食って掛かります。守ってくれると言ったのに!私は皇帝妃に真実を明かすつもりだったのに!!

アフィフェはもう手遅れだから、決して話してはいけないと口止めしましたが、フィルーゼは、ヒュッレムを見るたびに、可哀想なナディアの姿を思い出して辛かったようですね

マヒデブランは早速ムスタファに真相を調べるよう迫りましたが、ムスタファは、後宮のことには関与しないと断りました

一方のヒュッレムは、ついに、ニギャールをお披露目しました。その姿を目にしたハティジェは怒り心頭に発します。なぜおまえがここに!?生きていたのかっ!!

マヒデブランとギュルフェムも加勢し、大罪を犯したニギャールをハレムに戻してはならないとこぞって文句を言いました

ここがまた実に皮肉で可笑しかったですよね。だって、仮にもイブラヒムは大宰相で、当時は一夫多妻制だったのでしょうから、側女ぐらい置いてもホントは構わないんですよね。それなのに、妻が皇女だという理由で、それが「大罪」になっちまう

片やヒュッレムは、もともとロシア人だったから一夫一婦制が常識のはず~それがハレムに入ったからとはいえ、愛する夫を独り占めしたいと思うのは当然=ハティジェと同じなのに、それが「罪」だと批判されてしまう。ま、だからと言って、殺すのはやり過ぎですけどね

ヒュッレムもハティジェにキッパリ言ってやります。罪を犯したのはイブラヒムでニギャールではないわ!浮気したのはイブラヒムよ!

でもね~その論理で行くと、憎むべきはスレイマンであってナディアじゃないんですけどねこの矛盾が分かってないのには苦笑しきり(;´Д`)

ハティジェの論理で行くと、イブラヒム同様スレイマンも浮気はしちゃいかんから、本来ならここはヒュッレムに共感するはずなのに、自分だけ浮気されたのが許せなくてスレイマンにも浮気を勧める、って、その思考回路が理解できんて

さてイブラヒムはアレッポでイスケンデルの策略に嵌り、大いなる苦戦を強いられていました。怒ったイブラヒムは、適当な罪をでっちあげてイスケンデルの部下を皆殺しにしてしまいます。こちらも吊るし首です

でもイスケンデルも既にスレイマンに使者を送り、イブラヒムが己を「スルタン」と称していると報告していました。スレイマンは認めようとせず、逆に死者を殺してしまいましたが、それだけこれは「許されぬ罪」だということなのでしょう。認めてしまったら、イブラヒムを処刑せねばならなくなるから

そのイブラヒムは今になってハティジェに恋文を書いてきたそうですよ。ま~今さら遅いってもんですよね。ハティジェはその気でも、スレイマンが許さんでしょうよ

オスマン帝国外伝3」は続きもとっても楽しみですね

←前回のレビュー  次回のレビュー→


オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.