韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第23話 運命(カデル)

2020/05/29
オスマン帝国外伝 0
オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の23話は「運命(カデル)」です。あ~カデルは運命という意味だったのですね~。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

「カデル」とはニギャールの娘の名前だそうです。名付け親はハティジェなのでしょうかね。なんとも嫌味な名前を付けたものですわ

そしてイブラヒムは、ギュルフェムから墓の場所を聞き出し、部下に命じて掘り起こさせました。が、どんなに深く掘っても遺体はでてこなかったそうです。

娘は生きているんだな!

イブラヒムはハティジェを厳しく問い詰めました。あの子には何の罪もないのにっ!!

でもハティジェは、精一杯公正な判断をしたのだとのたまい、居場所が知りたいのなら教えると語りました。でももはやそこにはいません

イブラヒムにしてみれば、ハティジェがイブラヒムの浮気を認めないこと自体、イブラヒムを軽んじているという理屈なのでしょうね。何せイブラヒムは自分を「スルタン」だと思い込んでいるわけですし。そうでなかったら、スレイマンの第一皇帝妃を呼び捨てになどできませんもの

そしてそのカデルは、後宮ハレムにいたようです。まさに灯台下暗しで、誰も気づきませんでしたが、夜中にふらふらと出てきたところをニギャールに見つかってしまいました。ああしてみると「愛らしい鼻」がそっくりですね~。目元はイブラヒムに似たのかな

ふたりの姿を見たスンビュルは慌てて嘘をつきましたが、ニギャールはまったく疑ってなかったようです。まったくハティジェも罪なことをしてくれたものです。イブラヒムを許すというなら、せめてニギャールと子どもには生活に困らないだけの金を与えて遠くに追放すればよかったものを。これでまたイブラヒムの心はハティジェから離れてしまいましたね。

またスレイマンは、あくまでもジハンギルのために、フィルーゼを部屋に呼んでジハンギルを喜ばせました。それを知ったミフリマーフはいち早く駆け付けてきて、ジハンギルを連れ出します。フィルーゼには目もくれません。ヒュッレムには、ジハンギルはスレイマンと一緒だった、フィルーゼはいなかった、と伝えました

ミフリマーフに嫌われたフィルーゼは、なんとかご機嫌を取ろうとして、タシュルジャルからの手紙を届けに行きます。使者が預かってきたのを勝手に横取りしたのです

ミフリマーフがタシュルジャルを想うように、自分もまたスレイマンを想っているのだ、と訴えるフィルーゼ。

まあ理屈はそうですが、たとえ恋のためとはいえ、恩人を平気で裏切るような奴は好かん

そのフィルーゼ対策に、ヒュッレムはなんとなんとカデルを利用してきました。イブラヒムに、カデルを帰してほしければフィルーゼを追放しろと命じたのです。イブラヒムは、子どもを利用するなと怒りましたが、ヒュッレムは「最初にフィルーゼをスレイマンに近づけたのはハティジェだ」と譲りません。そうそう、売られた喧嘩は買わなくちゃね

そこは「大宰相」なのですから、きっとうまくやってくれることでしょう

その大宰相の「おさがり」をもらうことになったリュステムは不満げです。私が笑いものになる!

でもヒュッレムは、黙ってニギャールと結婚するよう命じました

またアフィフェはヒュッレムから感謝され、いかにも高価そうなブローチを与えられました。アフィフェは辞退したのですが、ヒュッレムが是非にと押し付けたのです。そうそうヒュッレムはああいう時物惜しみしないのがまた太っ腹ですよね。アフィフェはそのヒュッレムの命令でワクフの準備を進めるようです。ここは文句なしに楽しいですね

アフィフェが味方になってくれてぐーんと楽しくなってきました。続きを見るのが楽しみです


オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.