韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第33話 宿命の対決

2020/06/12
オスマン帝国外伝 0
オスマン帝国外伝3

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の33話は「宿命の対決」です。いやいや、ものすごいことになってきました。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ヒュッレムに宣戦布告をしたものの、特に具体的な方策は立てていなかったイブラヒムに、ハティジェが悪知恵を授けましたメフメトを地方に赴任させれば、ヒュッレムも付いていかねばならぬというのです。フィルーゼを追放してから復讐に燃えているわ、って燃えているのはあなたでしょうが

イブラヒムが、スレイマンが許可しないというと、ハティジェはいかにもしたり顔で、メフメトがどうしてもと懇願すれば、子どもに甘い兄は言うことを聞くはずだと唆しました。今のハティジェは、ヒュッレムに復讐したい一心で、自分の行動がどんな波紋をもたらすかなど思いもよらないようです

イブラヒムは早速メフメトとともに造船所へ行き、スレイマンがメフメトの赴任を許さないのは、メフメトに準備ができていないから(=メフメトが未熟だから)だと吹き込みました。その造船所に行く前に、イブラヒムとメフメトが話していた姿をスレイマンが目にして険しい顔をしていたことなど、誰も思いもよりません

自分の未熟さを示唆されたメフメトは憤慨し、なんとしてでも赴任を認めさせようと、スレイマンに直談判に行きます。私はもういい大人です!子ども扱いしないでください!!夏までには赴任できるよう準備を整えます!!

スレイマンも、その時は、そんなに言うなら仕方ない、といった風だったのですが、その後すぐに不安が胸をよぎったのか、とどろく稲妻に導かれるかのようにテラスに出ていったかと思うと、そのまま崩れ落ちるようにして倒れ込んでしまいました。声を出すことも起き上がることもできないようです。あれは~卒中でしょうか

ヒュッレムはハティジェに、ヒュッレムを追い出したいならスレイマンを殺すしかない、スレイマンのいない宮殿に未練はないから、などと物騒なことを言ってましたから&ヒュッレムのことですから、ハティジェの仕業だと言い出すかもしれませんね

そのヒュッレムは精力的に味方を集めていました。エブッスードの妻=ゼイネプ(Şefika Tolun)を呼んでワクフに協力させ、エブッスード自身も責任者に指名します

エブッスードがこれをスレイマンに報告するのを見たイブラヒムは、忙しいのに大変なことだと嫌味を言いました。エブッスードも負けてはいません。酒場に息子を迎えに行った際にイブラヒムがいたのを見ていたので、酒場にいる暇があったら善行などいくらでも施せる、とやり返しました。時間がないものは享楽ばかりを追い求めて酒場で朝を迎える

怒ったイブラヒムは、エブッスードの弱点をグサリと突いてきます。今度息子に会わせてほしいと言い出したのです。もちろん、放蕩息子だと知っての上です。ウワサによると、知見の深い重要な教授でいらっしゃるとか

これでイブラヒムは完全にエブッスードを敵に回しましたね。エブッスードはこれ以上ない屈辱を受けたと憤慨していました。何せ「法官」ですからね~。イブラヒムが何を言い訳しようとしてももう無駄でござるね。

さて、ヒュッレムにタシュルジャルのことを知られたミフリマーフは、すっかり落ち込んでいました。せっかくの「家族そろっての食事会」も途中で退席してしまいます。

その時の様子から、ヒュッレムとの間に何かあったに違いないと見抜いたスレイマンはさすがに「夫であり父」でしたね。でも賢いミフリマーフは決して何も言いませんでした。それは「見舞い」と称してやってきたハティジェにも同様です

メフメトと言い、ミフリマーフと言い、このハティジェが叔母であるにもかかわらず、母親の敵だというのは今さらながらに可哀想ですよね~。ハティジェがちょっと譲りさえすれば、ヒュッレムはハティジェを大事にするに違いないのに

一方のニギャールは、やっぱり、捕まってしまいました。エスマヌルとともにスリナ行きの船に乗り込んだところに、イブラヒムがやってきたのです

イブラヒムはエスマヌルを連れていき、ニギャールは、もう二度とエスマヌルには会わせないと釘を刺されてリュステムのもとへ返されました。リュステムは離婚を申し出ましたが、ハティジェが許してくれません。リュステムは「コイツ、何様のつもりだな目つきをしていましたよね~ヒュッレムもそうですが、この人も怒らせたら怖いですよね

マニサではマヒデブランがイブラヒムからの手紙を読んでいます。ヒュッレムに宣戦布告したから、決して油断をするな、という内容です。もはやどちらかが倒れるまでこの戦いは終わらない、というイブラヒムの声に合わせて、スンビュルがスパイとして送り込んだギュリザール(Melisa Akman)というムスタファの側女が、虎視眈々と敵の隙を伺っています。ここでもヒュッレムが一歩先んじているという訳ですね

今回スレイマンが倒れたことで、宮廷内の勢力図はどのように変わっていくのでしょうか。

オスマン帝国外伝3」は続きもとっても楽しみですね


オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》