韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第34話 首のない影

2020/06/13
オスマン帝国外伝 0
オスマン帝国外伝3

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の34話は「首のない影」です。なんともミステリアスな展開となってまいりました。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

スレイマンが倒れているのを発見したのはヒュッレムでした。ヒュッレムは、メフメトが赴任を希望し、スレイマンが許可したと聞いてすぐに駆け付けてきたのです

スレイマンっ!!

すぐに医師が呼ばれ診察したところ、原因は「毒」と判明しました。その医師では手の打ちようがないというので、イブラヒムが自ら、アフィフェの息子で名医と名高いヤフヤを呼びに馬を走らせます

ヤフヤの診断も宮廷の医師と同様でした。毒は即効性の物ではなく、長い時間をかけて盛られたそうです。真っ先に疑われるのはフィルーゼだと思うんだけど、誰も疑わないのが不思議だったのはおばさんだけでございましょうか。もしくは、必ず助かると確信してのリュステムの仕業か

イブラヒムは、スレイマンの部屋に出入りしていた者をすべて調べるよう命じました。ハティジェは、万が一のことを考えて、ヒュッレムに先を越されないよう、ムスタファを呼ぶべきだと主張しますが、イブラヒムは、スレイマンは死なない、と頑なに拒否します。イブラヒムにとってスレイマンがどれほど大切な存在かが伺われるシーンです

それはヒュッレムとて同じこと。ヒュッレムは寝食を忘れてスレイマンの無事を願っています。その願いが神に届いたのか、スレイマンはついに目を覚ましました。ヒュッレム

ベッドの横で転寝をしていたヒュッレムがどれほど歓喜したかは言うまでもありません。それにスレイマンもまた、ヒュッレムのおかげで助かったと心から感謝しました。私の力の源はお前だ。お前の存在が私を呼び戻した

ヒュッレムはでも珍しく、助けてくれたのはヤフヤだと謙遜します

これからがまた楽しかったですね~。もうスレイマンは、フィルーゼが存在したことなどす~っかり忘れ、ヒュッレムを夢だの笑顔だのと誉めそやします。そうそう、そう来なくっちゃね

恋人しか住んでおらぬ我が心に誓って言うが、お前が愛さぬものは愛さぬ。お前に命を捧げねばならぬ。我が命に安泰は要らぬ。お前のために涙せねばならぬ。お前だけを望まねばならぬ。お前のために生きねばならぬ。お前に属さぬ我が存在など無用。滅び去るがよい。我が願いはお前の許しを得ることだけ。もはや一瞬もお前無しではいられぬ。お前のせいでどんな困難が降りかかってもよい。

フィルーゼに語っている時は腹立たしすぎて聞く気にもなれなかったけれど、今回は良かったですよね~。やっぱり、長年連れ添った夫婦だから、時には腹の立つこともあるし意地悪もするだろうけど、心の中ではやっぱりヒュッレムが一番なのですよ。そうじゃなかったら、結婚などするはずがありません

これです~っかり元気を取り戻したヒュッレムは、早速、敵は近くにいるとスレイマンに吹き込みます。イブラヒムはムスタファを皇帝にしようとしている、ともうすっかり犯人扱いです

一連の事件に続いて自分が暗殺されかかったのですから、さすがのスレイマンも無視するわけには行かず、ヒュッレムの助言通り、イブラヒムを今回の捜査から外してアヤスに任せました。

アフィフェから、捜査報告はできないと言われた時のイブラヒムの愕然とした表情がまた見ものでしたね~。陛下が私を疑っている!!

イブラヒムは早速スレイマンに直談判に行くのですが、スレイマンは、むしろイブラヒムの無実を証明するために、イブラヒムを外したのだとのたまいました。もう「その時」は刻一刻と迫ってきていますね

その証にムスタファが悪夢を見たそうです。イブラヒムがムスタファに会いにやってきて、スレイマンの体調が思わしくないから、宮殿に戻れと語ったというものですが、壁に映ったイブラヒムの影には首が無かったのだそうですガーン

その話を聞いたマヒデブランはさすがに顔色を失いましたが、口では大丈夫だ、と息子と自分に言い聞かせています。

さ~ていよいよ佳境ですかね。とはいえ最初はイブラヒム、ですね

でもな~あんだけスレイマンのことを思っているのに誤解されるのはちと気の毒な気もしますよね

「オスマン帝国外伝3」は来週の放送も楽しみですね


オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.