韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第5話 難敵

2020/05/05
オスマン帝国外伝 0
オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の5話は「難敵」です。いや~まさしくアフィフェは手ごわいですね~。まるで暴れ馬のようなヒュッレムを牽制するにはもってこいですし、またいざとなったら、たとえ相手がハティジェであろうと、その言動を正すであろう覚悟が見て取れた(気がする)のがなんとも頼もしい限り。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

まずはそのアフィフェは、ハティジェからスレイマンに側女をあてがうよう命じられました。スレイマンの出発前に夜伽をさせるため「宴」を開くことにしたのだそうです。ハティジェはその1人にフィルーゼを加えました。

そのフィルーゼはハープの名手のようでしたね。スレイマンもその音色にはうっとり聞き惚れていたようで、もう誰も何もお膳立てしなくても良さそうな雰囲気でしたが。アフィフェにくっついてきた出納官で、スンビュルの新たな天敵になりそうなキラズ(Ünal Yeter)が指導していた時は、いかにも下手くそなふりをしていたのは目立ちたくないからでしょうか

まったくスレイマンはなんでああも女好きなんですかね~。いっそのことフィルーゼに夢中になった後に寝首をかかれたらいいのに、と思っちまうのはおばさんだけでございましょうか。でもな~フィルーゼは今のところ、そんな物騒なタイプには見えませんよね

一方のイブラヒムは、アレッポにやってきたバルバロスことフズルから、イタリアの画家=ティツィアーノが描いた肖像画をプレゼントされて気をよくしていました。イスケンデルには、海軍提督を選ぶのは自分だ、なんて不敬な発言をしていましたが、実際フズルとは仲良しだったようですね。

その肖像画のモデルは実在する貴族のジュリア・ゴンザーガという女性でした。イブラヒムはフズルに必ず彼女を拉致してくるよう命じます。ちょいとググったところ、実際にそのような逸話もあるらしいですが、イブラヒムの目的が気になるところ。スレイマンに献上するのか、それとも己の権力の証にするつもりなのか。

ヒュッレムは、そのイブラヒムを必ず殺せとイスケンデルに文を送ったそうです。ハティジェが離縁を断念した以上、イブラヒムを失脚させることが困難になったからです

そんなイブラヒムが、今さら、ハティジェを思ってヴァイオリンを奏でていたところ、その隙を狙われて殺されそうになりました。そこに詩人のタシュルジャルが現れて、刺客にナイフを投げつけます。タシュルジャルの後ろ盾はイスケンデルと言うことでしたが、あの刺客もきっとイスケンデルの手の者ですよね。暗殺をわざと妨害してイブラヒムを油断させるつもりでしょうか~それとも

一方で、ヒュッレムからニギャールの救出を命じられたペルチェムは産婆を抱き込んで任務を遂行しようとしました。産婆はニギャールに、わざと産気づいたふりをして外に出るよう助言したのですが、外に出て逃げようとした途端、本当に産気づいてしまうのです。ま~両親に似て間の悪い子どもですよね

果たしてヒュッレムはニギャールを救うことができるのでしょうか?子どもも殺されると聞いた時のヒュッレムの顔を見た限りでは、本心から子どもを救いたいと考えていたようですけどね。ああ見えてヒュッレムは無類の子供好きですからね

後は~そうそう、あのギュルシャーがどうやらリュステムに気があるようでしたね。ここは哀れなギュルシャーのためにヒュッレムが一肌脱いであげたら良いですよね~

オスマン帝国外伝3」は続きもとっても楽しみですね

←前回のレビュー  次回のレビュー→


オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.