韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第62話 イブラヒムの遺産

2020/07/23
オスマン帝国外伝 1
オスマン帝国外伝3

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の62話は「イブラヒムの遺産」です。ふふふ、残念ながらヒュッレムの目論見はもろくも崩れ去り、一石一鳥で終わってしまいましたね。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ハティジェは、競売に掛けられようとしていたイブラヒムの遺産を買い占めたことで、墓穴を掘ってしまいました。60万銀貨という代金を支払うのに皇族費を使っては支出が記録される=また詮索されては困るからと、イブラヒムの遺産を使ったからです。リュステムは、隠し場所はイブラヒム邸であることは間違いないが、巧妙に隠したので見つからなかったのだろうと語り、金に辿り着けぬなら、金に来させるまでだとほくそ笑みました

そこで使われたのがニギャールです。こ~れも楽しかったですね~。リュステムはニギャールに、アヤスがイブラヒムの隠し財産を見つけたらしい、苦労して探していたのに、と口惜しがって見せました。ニギャールは、大丈夫、見つかりはしない、とリュステムを慰めたふりをしてシャーとハティジェに知らせに行きます

大変です。アヤス大宰相がお屋敷を捜索するそうです!!

いつもは冷たくてそっけないリュステムがあんな風に優しく話したことに違和感を覚えない時点でもうニギャールは昔のニギャールではありませんね

シャーは、今からでも遅くないから国庫に返そうと主張しますが、ハティジェは耳を貸しません。夜中にこっそり遺産を運び出すことにしました

一方でリュステムはスレイマンにこのことを知らせに行きます。そこにはヒュッレムが来ていてワクフの話をしていましたが、あれはどう見ても決定的な瞬間に立ち会いたいとの下心が見え見えでしたね。でもさすがに現場に付いていくのは憚られたようで

が、ここはシャーが一枚上手でした。シャーはメルジャンを通じてマルコチョールを邸に呼んでいたのです。これは~何かあった時のために備え、何もなければテキトーにごまかすつもりだったのか、それとも、ここは頑としてハティジェを阻止するつもりだったのかは分かりませんが

ちょうど遺産が邸から運び出されていたその時、リュステムが現れました。リュステムは声高らかにスレイマンの到着を告げますなんて言ってるのかいまだに分からん(;´Д`)

スレイマンは、妹たちを厳しい口調で問い詰めました。お前達が隠していたのだな?

そこにルトフィーがやってきます。そなたも知っていたのか?

こちらは寝耳に水です

ハティジェは二人を庇おうとし、シャーは関係ない、と発言しました。スレイマンは、さもありなん、と頷きます。ルトフィーも、横目でハティジェを睨みつけました。が、シャーは、説明させてほしいと切り出します。イブラヒムの資産を見つけたから、宮殿に運ぼうとしていたのだというのです。夜中に運ぼうとしていたのは、マルコチョールにそう言われたからだと

そこにマルコチョールが颯爽と現れました。陛下。イブラヒム殿の資産を受け取りにまいりました利用されちゃいましたね~(;´Д`)

も~リュステムのぶーたれた顔ったらなかったですね

スレイマンが帰ると、ハティジェがシャーを責め立てます。秘密裏に策略を巡らしていたのね!この裏切り者っ!!

シャーは猛然と反論しましたおまえにそんなことを言われる筋合いはない!。私を責めるのはお門違いよ!皆の命を救ったのだから!!一刻も早く正気にお戻り!!お前は怒りと復讐心で自分や皆を傷つけているの!!いい加減にして!

そこへスレイマンを見送ったらしいルトフィーが戻ってきます。どうしてこのような過ちを犯したのですか!私は何も知らぬまま、盗人として処刑されるところでした!!とばっちりはごめんです( `ー´)ノ

ハティジェはせせら笑い、偉大なシャー皇女様の後ろ盾があれば大丈夫だとやり返しました。いつもあなたを守り、保護してくれる

自分だって「皇女」としてイブラヒムを支配しようとしていたくせに、あの言い草はないですよね。その点はシャーとハティジェはそっくりだから、余計に鼻に付くのでしょうか。シャーが怒る気持ち、わかるな~アホな妹の分際で生意気なっ!!(笑

宮殿に戻ったスレイマンは、早速首尾を尋ねてきたヒュッレムに、マルコチョールが承知していた、と知らせました。が、その顔が不満げだったため、ヒュッレムは、それなのにどうしてそんな顔をしているのか、と水を差します。皇女様方に罪はないのでしょう?あなたを裏切るなんて可能なの?(=恐れ多くも妹たちはあなたを裏切ったのよ

一方、体よく利用されたマルコチョールも、そうそう愚かではありません。メルジャンに資産をすべて数えるよう命じ、たとえシャー皇女の腹心であっても内廷宦官長になったからにはスレイマンへの義務を最優先するよう釘を刺しました。そんなマルコチョールには、ヒュッレムが釘をぶすりと刺します。皇女様方にいつもマルコチョールがいるとは思わない様に伝えて

そのマルコチョールはミフリマーフに手紙を書きました。以前ミフリマーフから貰ったという手紙の内容を聞き、偽の返事を呼んだ上での回答です。マルコチョールは、偽の返事は自分の気持ちを代弁していたと答えました。私は陛下と皇帝家に忠誠を誓う兵士。それはこれまでも今後も変わりません。それ以上の夢はなく、あるはずもないのです

恋する若き乙女のミフリマーフが、この最後の文章に一筋の光明を見出さぬとは誰が言えましょうか穴が開くほど何度も読み返していました

またリュステムは、恋敵?のマルコチョールに獲物を横取りされたことが悔しくてならず、ヒュッレムにその悔しさをぶつけました。私を宰相にしてくださらなければ、お守りできません!

ちょうどカスムがアヤスの進言により罷免されたばかりなので、人数的にはチャンスなんですけどね~。果たしてそううまくいくかどうか

そのリュステムはまたヒュッレムに、スレイマンがムスタファにラマザンオール・ピリーによる反乱の制圧を任せることにしたと伝えました。これをヒュッレムがどう解釈するのかはまだ分かりませんが、ムスタファは今回もまた無意識にスレイマンの怒りを買う行動をしてしまっています。海軍提督のフズルを呼んで、兵士たちを慰労し、報奨金を渡したのです。

ヒュッレムがまた実に絶妙な疑問を投げかけていましたね~。お金を渡すことがどうしていけないことなの? (

だ~か~ら~、至高の皇帝のスレイマンが決めて渡すなら何ら問題はないのだけれど、それ以外の誰であれ、勝手にそういうことをしちゃいかんのだすよ。イブラヒムが良い例ですが、ムスタファにはまだその辺が理解できないのかもしれませんね。ムスタファはきっと、尊敬するスレイマンならそうするであろうと考えて、父に倣おうとしているだけだろうに。スレイマンは、自分に黙ってムスタファのもとへ行ったフズルにも腹を立てていたようです

またそのムスタファにはベニートが近づいて「特権」を得ようとしました。ムスタファはこの無礼に腹を立て、ガブリエラの招きも断って帰ってしまいます。実際、ベニートが言うには、ガブリエラはベニートの仲間であり、貿易上の優遇を得るために(?)ムスタファに近づいたようでしたものね。でも決してそれは本意ではなく、妹のルクレツィアを見つけたい一心からのようでした。

そしてそのルクレツィアは、なんとなんと、既にムスタファの後宮に入り、ルメイサ(Elif Atakan)と呼ばれていたようです。ガブリエラは何度も後宮を訪れているのに、分からなかったんですかね~。幼い頃にさらわれでもしたのかしらん?

またファーリエは、正式にヒュッレムの配下となりました。あの律儀なファーリエが忠誠を誓ったのですからもう安心ですね

オスマン帝国外伝3」は続きもとっても楽しみですね


オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET1~3 [ ハリット・エルゲンチュ ]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
こん

埼玉のおじさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

埼玉のおじさん、こんにちは~♪
またお越しくださってありがとうございます(^^)/。

埼玉のおじさんは良き旦那様なのですね~。
それに比べて従来のスレイマンは、確かに子煩悩ではあるんですが、妻=側女に関しては実に冷たい人だと感じていました。マヒデブランがあんな風になったのも半分はスレイマンのせいではないかと。
それに母后には絶対服従で、母の前では嫁を庇ってくれませんでしたし。

でも今シーズンは、最初の頃はともかく、今は満点と言っても良いほどの良き夫ぶりですよね~。私も満足しております(笑。

>私は、ヒュッレムたちが嫌いと言いながらも本当は好きでもあるのですが

それを伺って安心いたしました~。主人公が嫌いではドラマ視聴は辛いですもの。

あ~リュステムですか。
リュステムが登場したのはシーズン3からだったのですよ。
でもって、自分の場合は、宿敵(笑)イブラヒムとの対抗馬として見てきたので、最初の頃はむしろ好感さえ抱いていましたm(__)m。

でも最近は確かに、埼玉のおじさんがおっしゃるように

>あの顔、しぐさ、行動、話し方、全てにおいて受け入れ難い

お気持ちも理解できます。いかにも卑屈で嫌らしいですものね~。
最初からあんなキャラだったら、私も嫌っていたと思いますよ。

私の記憶が正しければ、最初の頃はイスケンデルの部下ということで、もう少しきりりとしたイメージがあったのですけどね~途中から変わったような気がします。

それと、これは今日書くつもりでいたのですが、クロアチア人である彼の生い立ちには同情すべき点があるかも、と。長くなるので、よろしかったら後で駄文に目を通してくださいませね(^_-)-☆。

さてさて、今日の放送も楽しみですね(^^)/。こん

p.s.「様」は止めてくだされ。お尻がこそばゆくなりまする(爆。

2020/07/24 (Fri) 07:30