韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第63話 皇子の出陣

2020/07/24
オスマン帝国外伝 0
オスマン帝国外伝3

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の63話は「皇子の出陣」です。ほぉ~今度はそう来ましたか。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ハティジェの処遇に頭を痛めていたスレイマンは、ついに、ハティジェを再婚させることに決めました。相手はまだ未定ですが、結婚すれば落ち着くだろうと考えたそうです。普段から「愛=アシュク」についてあれこれ語っている割には実に安直なアイディアですね。とはいえ、妹だから罰らしい罰も与えられないという苦肉の策なのでしょうが

スレイマンからこの話を聞かされたシャーも、それが一番良いのではないかと同意したようです。ギュルフェムも、これ以上スレイマンを怒らせるなと、めずらしくまともな忠告をしていました。このままではお子達と離れなくてはならなくなります!

が、当のハティジェは激怒します。愛するイブラヒムを亡くしたばかりなのに、他の男に嫁げなんて冷酷すぎる!!しかもイブラヒムは生涯ただ一人の相手だったのに!!

おばさんもシャー同様意地悪なので、ついつい言いたくなりますね~。そんなに愛する人を「奴隷」扱いしたのはどこの誰よ、と。シャーはニギャールの事を持ち出して苛めていました。おばさんはイブラヒムが嫌いだけど、彼がハティジェを愛していたことは確かなのですよね。それなのにハティジェがイブラヒムを支配しようとしたから、それが嫌になり、イブラヒムが一番だと称えてくれるニギャールに手を出しちまったんですからね

そのシャーですが、やはり、ルトフィーを愛していたわけではないようです。となると~やっぱりイブラヒムのことが好きだったのですね~。それなのにハティジェは、愛してもいない男と結婚したシャーにハティジェの気持ちは分からない、などと酷いことを言って。も~本当にハティジェは我がまま自己中ですよねっ!!自分だって最初は「愛していない男と結婚」したんだろうに、それで本当の愛を知ったというなら、そんな自分は恵まれていると神に感謝して逆にシャーをいたわってもええんでない??何のために懺悔したんか分らんやんやっぱりこの女は好かんわ~っ!!

さてリュステムからせっつかれたヒュッレムは、そのリュステムをムスタファのもとに送ることにしました。今度こそスレイマンのムスタファに対する信頼を崩そうという魂胆ですね。リュステムは一日も早く宰相の座に就きたそうでしたが、ヒュッレムはこんなチャンスは見逃せない、と息巻いていました

そのリュステムも根回しを怠らず、アヤスを脅しています。アヤスは小心者のくせに、毎晩乱飲乱舞の宴を開いていたのだそうです

このリュステムですが、今回、奴隷として酒場に売られてきた娘=オリヴィア(Elif Taş)を救い出し、自宅に連れ帰って世話をすることにしました。どうやら故郷のクロアチアで別れたままの妹=ソフィアを思い出したようですね。リュステムの本名はボリスと言い、アンドロという弟もいたそうです

確か以前リュステムは、リュステムを奴隷扱いしたイブラヒムに、自分は売られてきたのではなく、自分の意思で帝国にやってきたのだと語っていましたっけ。ここまでのし上がるのに手段を択ばなかっただろうことは容易に想像できますが、奴隷として売られたとはいえ実際にはかなり恵まれていたイブラヒム(それなのに奴隷を馬鹿にしきっていた)を憎む気持ちは理解できます。確かに、最近のリュステムは、ちと(いやかなり)嫌らしさが際立っていますけど

~こうして見るとアタイは要するに甘ったれが嫌いみたいです

一方のムスタファは、案の定、ラマザンオール・ピリーに対しても、スレイマンの命令通り奇襲をかけるのではなく、まずは話を聞こうとしていました。アヤスにピリーの反逆を進言してきたテケ県軍政官のイスケンデルは、アヤスが軍政官に任命したというのが引っかかっていたようですね。

またガブリエラはマヒデブランに「Specchio del Peccato=罪の鏡」を贈りました。カオルリーニ家という有名な宝飾品の工芸家に作らせたそうで、本来鏡は罪から所有者を守るものだそうですが、その反面、所有者が罪を犯せば鏡は割れ、悪の扉が解放されてしまうのだそう。ひや~これは実に暗示的ですね

それ以外では、またしても、セリムがバヤズィトに嫌がらせをしたのに、セリムが兄だというだけでバヤズィトが叱られてしまいました。怒ったバヤズィトがセリムに食って掛かったのを見たスレイマンは、容赦なくヒュッレムも叱り飛ばします。どのような教育をしているのだっ!!

確かにそーなんですが、それはバヤズィトじゃなくてセリムへの教育がなってませんよね。後から生まれたばっかりにいつも割を食って可哀想なバヤズィト

そうした序列大好きなスレイマンは、クレタ島を除く地中海のベネチアの全島が帝国領になったと報告にやってきたフズルに対し、勝手にムスタファに会いに行ったのは不適切だと咎めました。ムスタファは一介の県軍政官だから、他の高官と同じように付き合えというのです。この理屈にはさすがのフズルも不服そうでしたね~。まだまだ未熟者だがよく教育してやってくれと頼むのが筋だろうに

全92話はさすがに長すぎる~と思っていましたが、あっという間に残り30話を切ってきました。続きもとっても楽しみですね


オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET1~3 [ ハリット・エルゲンチュ ]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》