韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オスマン帝国外伝3 ネタバレと感想 第83&84話 ニギャールよ、安らかに

2020/08/21
オスマン帝国外伝 2
オスマン帝国外伝3

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧

オスマン帝国外伝3~愛と欲望のハレム~】の83話は「息子の赴任」、84話は「ニギャールの運命」です。あ~いつかこんな日が来るのではないかと心配していました。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

息子たちの赴任

シャーたちは、ルトフィーを通して皇子たちの赴任をスレイマンに進言しました。割礼も済ませ「大人」になった皇子たちが他の県に軍政官として赴任するのは喜ばしいことなので、スレイマンも快諾します。特にメフメトからはもう何年も催促されていましたからね。

そのメフメトはアマスヤ、セリムはコンヤ、バヤジトはキュタフヤに行くことになったそうです。慣例ですと、ヒュッレムは長男のメフメトに付いてアマスヤに行くことになるらしいですが、ヒュッレムはなんとしてもそれを阻止しようと必死でした。しまいには、どうしても行かねばならぬのであれば、「次期皇帝」が約束されたマニサにメフメトを行かせようと決意します。いや~いよいよ、ですね。

ちなみにジハンギルは子役ちゃんが変わったように見えましたよね。体は不自由でも頭脳は兄弟の中でも1番のようで頼もしい限りです

ニギャールの運命

ずっと行方不明だったニギャールが帝都に舞い戻ってきました。マトラークチュに娘の居場所を聞いて探しに行ったそうなのに、娘のみならず、イブラヒムの家族も見つからなかったそうです。自棄になったニギャールはシャーのもとへ行き、願いを叶えたいと懇願しました。それが、ヒュッレムとリュステムを殺すことだったらしい。でもシャーはとりあえずリュステムだけにしろと命じたようですね。

シャーはハティジェを伴い、ミフリマーフの娘に会いに行くという名目で、お供にニギャールをまぎれ込ませました。それでなくても、ヒュマーシャーの乳母はシャーの送りこんだ間者=エミネ(Özlem Ünaldı)なのです。リュステムは疑っていたようですが、ミフリマーフが騙されちゃったみたいですね

ニギャールは、シャーたちが帰った後もミフリマーフの邸に残って暗殺を実行するはずでしたが、遠くからヒュマーシャーを垣間見た途端にエスマヌルを思い出し、居ても立っても居られなくなってしまいます。それで夜中に決行したのはリュステム暗殺ではなく、ヒュマーシャーの誘拐でした

その夜はミフリマーフに頼まれてヒュッレムも邸に泊まっていました。ヒュマーシャーを襲った突然の災いに邸中が騒然となります。リュステムはすぐに部下を引き連れて捜索に向かい、スレイマンもマルコチョールを伴って駆け付けてきました。そこで、今やシッカリ者の侍女長と化したギュルバハルが、ニギャールのイヤリングを発見します。マルコチョールはすぐにリュステムの後を追い、犯人はニギャールだと伝えました。

その頃リュステムはマトラークチュを問い詰めていました。そこにニギャールの知らせです~マトラークチュは、思いつめたニギャールの様子を思い出しました。ニギャールなら確かに帝都に戻ってきていた

またヒュッレムは、シャーの邸に乗り込んでいきます。ニギャールを手引きしたのはシャーだと察したからです

ニギャールは必ず捕まって、黒幕を吐くまで拷問を受けるわ!

一緒にいたルトフィーがまた実に気の毒でしたね。ヒュッレムが帰った後、思わず聞かずにいられません。まさかとは思いますが、関与していませんよね?

シャーは、リュステムを殺せとは言ったけれど、ヒュマーシャーをさらえとは言っていない、と答えました。ふたりは早速スレイマンのもとに駆け付けて根回ししようとしますが、スレイマンもそこまで鈍くはありません

一方で、ヒュマーシャーを連れて逃げていたニギャールは、ついに見つかってしまいました。周囲をずらりと囲まれた背後は絶壁です。ニギャールは、リュステムとヒュッレムを殺しに行ったが、ヒュマーシャーを見たらエスマヌルを思い出して耐えられなくなったと打ち明けました。マトラークチュはそんなニギャールに心から同情し、その子には何の罪もない、エスマヌルは必ず俺が捜しだす、と約束します。リュステムも、ヒュマーシャーを帰してくれたら、ニギャールの命は保証するとこちらは嘘をつきました

ニギャールはヒュマーシャーをリュステムに帰し、自らは崖から飛び降りますなんてこった!( ;∀;)。実はリュステムたちの後ろには、メルジャンからニギャールを殺すよう命じられた兵士が密かにニギャールを狙っていましたが、その矢は放たれずに済みました。真っ逆さまに崖を落ちていく間、ニギャールの脳裏をよぎったのは、イブラヒムが掛けてくれたごくわずかな優しい言葉でしたお前によく似た愛らしい鼻の娘がほしい

シーズン1からこのドラマを見てきて、途中までダントツで好感度が高かったのはこのニギャールだと思います。それがイブラヒムなんかに惑わされてからというもの、そこまで堕ちるか~なほど、とことん堕落してしまいました。冷たいイブラヒムじゃなく、優しいマトラークチュとの生活に満足していれば、今頃は可愛い娘や息子たちに囲まれて幸せでいただろうにと思うと、なんとも悔やまれてなりません。可哀想なニギャールの魂が安らかでありますよう心から祈ります

火種再び

その1

ヒュッレムは、ニギャールが死んだせいで真相は明らかにならなかったが、ヒュッレムとリュステムを殺そうとしたという証言から、黒幕がいることは明らかだとスレイマンに訴えました。スレイマンは取り合わないふりをしましたが、裏ではマルコチョールに黒幕探しを命じます

その2

これに加えてリュステムは、ルトフィーに日参しながらいつも追い返されていたオーストリア大使に、スレイマンに口利きできるのは、大宰相以外にはムスタファしかいないと唆しました。時はちょうどスレイマンがブダ遠征を決めた頃です。ムスタファがまたしても留守番を命じられるのが目に見えるようですね。それにこの遠征がまたヒュッレムの鬼門なのですよね~

その3

またルトフィーは酒場での売春取り締まりに躍起になっていました。売春をしていない酒場まで厳しく取り締まっていたため、かなり評判が悪いようです。以前のハニートラップにもかからなかったし、ルトフィーはああ見えてかなりの潔癖症みたいですね。ヒュスレヴも民の不満を心配していたほどなので、これもまた何かの火種になることは間違いありませんね

オスマン帝国外伝3」は来週の放送も楽しみですね


オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET1~3 [ ハリット・エルゲンチュ ]

これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

とんぴちゃん

あああ、ニギャール。。。(;つД`)
最近はシャー達と悪どいことばかりしてたから幸せな最期ではないだろうと思ってましたが。。。
あの可愛い娘ちゃんは見つからなかったのですね(>_<)どこかで無事でいてくれるといいのですが。

私シーズン1ではニギャールすごく好きなキャラだったんですよ!
ハレムに連れてこられたばかりの、暴れ馬のようなヒュッレムに
「妃になれば世界を支配できる」って言って諭してたし、キャリアウーマンって感じでしたし。
ほんっとイブラヒムに狂ってから残念になってしまって。。。(T-T)

あとマトラークチュ先生ってほんといい人・゜・(つД`)・゜・
おっしゃる通りイブなんかにいかずに、一緒に幸せな家庭を築いて欲しかったですね。
私なんでこんないい人がイブの親友なの?って思ってました。

それとあの弓を射ろうとしてた奴は、メルジャンの差し金だったんですね(#`皿´)
射ったら赤ちゃんも落ちてしまうから危ないやん!と思ってました。
メルジャンいい加減にシャーの屋敷ばかりくるんじゃなくて、ちゃんと宮殿にいなさいよ(-_-#)

2020/08/21 (Fri) 23:33
こん

とんぴちゃんへ

可哀想でしたよね

とんぴちゃん、こんにちは^^。

本当にニギャール、可哀想でしたよね~。
そうそう、ヒュッレムが今あるのもニギャールのおかげだったかもしれませんものね。
それがなんであんなにおかしくなっちまったのか~すべては「愛」のせいらしいですが、人を狂わせるのはもはや愛じゃなくて執着ですよね。

>私なんでこんないい人がイブの親友なの?って思ってました。

同感です。
ニギャールは本当に男性を見る目がありませんでしたねvv。

メルジャンも、シャーにくっついているばかりに人生狂わされそうですね。
宦官の純愛もこれまた気の毒ですね(;´Д`)。こん

2020/08/22 (Sat) 07:20
《他にこんな記事も書いています♪》