韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~を見始めました(1&2話ネタバレと感想)

2019/05/15
琅琊榜2-風雲来る長林軍 3
琅琊榜2

琅琊榜2のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 琅琊榜2~風雲来る長林軍~全50話あらすじと感想、登場人物一覧

中国ドラマ、【琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~】を見始めました琅琊榜ろうやぼう)というとても面白いドラマがあることは知っていたのですが、残念ながらシーズン1の「麒麟の才子、風雲起こす」をBSジャパンで放送した時にはご縁が無くて視聴できませんでした

その後もいつかどこかで再放送をしないかな~と期待しておりましたが、いきなり<シーズン2>を放送すると聞き、大分迷いはしたものの、視聴に踏み切った次第です。お、現在BS12で放送中の「ミーユエ」に登場中の劉涛(リウ・タオ)さんも1に出てらしたのですね~。もう顔ぶれ見ただけで面白そうです。それこそBS12さん辺りで放送してくださらないかしらね

と、おばさんの期待はさておき、とりあえず2の第1話と2話を視聴したので、あっさりネタバレをまとめておきまする琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。1を見ていないために勘違いをしているところもあるかもしれませんが、もしお気づきの方がいらしたら教えて頂けましたら幸いです。(2020年にようやく麒麟の才子を視聴したのであちこち加筆させていただいています)

物語の舞台は「梁」という南北朝時代の架空の国だそうで、シーズン1で皇帝となった武靖帝(景琰)の息子の梁帝が国を治めていますが、どうやらこの梁帝はかなり体が弱いようです

そのせいもあってか、梁帝は義兄弟で「長林王」と呼ばれている蕭庭生(しょう・ていせい)に全幅の信頼を置いていました。庭生は、本当は景琰の兄の祁王の忘れ形見なので、梁帝とは従兄弟になるのですが、祁王が非業の死を遂げたためにそれが証明できなかったのです。

その庭生はある時、北方の大渝が国境を越えて南下してきそうだと梁帝に報告し、早速長林軍の派兵を提案します。実際、庭生の長男、平章は既に甘州へ向かったそうです。

長林王府の台頭を快く思わない重臣たちはこぞって反対しますが、梁帝はすぐに義兄の意見を聞き入れました。重臣らしい宋浮は、皇后である荀氏の兄、荀白水(じゅん・はくすい)に、食糧の補給をする立場を利用してその動きを封じると仄めかします。実際、3隻もの補給船が沈没してしまったそうです

そのせいで平章の長林軍は大敗してしまいました。平章自身瀕死の重傷を負って戻ってきます。胸に矢を受けても「長林の男は死して尚引かず!と立ち上がったのには泣かされましたね。またここで既に平章の側近の東青も登場していました。

その頃、その平章の弟、平旌(へいせい)は琅琊閣で修行に励んでいました。琅琊閣とは朝廷にも影響を与える情報組織だそうで、ドラマのタイトルとなった「琅琊榜」はこの琅琊閣が毎年発表している様々なランキングを指すのだとか

そこで補給船が沈没したと聞いた平旌は、すぐに甘州へ駆けつけてきます

一方で平章は年若い医師の林奚の治療を受けていました。彼女は済風堂老堂主(ワン・ヨンチュェン、夏江@琅琊榜1)の最もすぐれた弟子だそうですが、どうやらこの林奚の父親は林深と言い、庭生から「3弟」と呼ばれた人物で(3人とも掖幽庭にいた奴婢)、ふたりは子ども同士を結婚させようとしていた仲らしいです。その証にふたりとも「長命鎖」という首飾りを持っているらしい。

20年前、老堂主は、今回の平章と同じように負傷していた林深を救えませんでしたが、林奚は見事に父の親友の息子を救いました。

でも老堂主はこれらを承知しながら、林深の妻と娘の行方は知らないが、きっと元気でいることだろうと答えていたようです

でも平旌と林奚との縁は大事にしているらしく、林奚に平旌を助けるよう命じていました。平旌は、此度の「補給船の沈没」について秘かに調べに行ったのです。庭生は朝廷に調査を依頼しましたが、それで明らかになるとは考えていない=重臣たちの陰謀に違いないと考えていたようです

とりあえずはこんなところでしょうかね~。今かなりの数のドラマを並行視聴しているため、どれかが終わるともう少しジックリ時間を割けると思うんですけど。面白そうなドラマだから、あまり飛ばさずに見ていければと存じまする

琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~】は続きもとっても楽しみです


琅邪榜(ろうやぼう)<弐>~風雲来る長林軍~ DVD-BOX1

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 3

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

お、もう早速ご覧になったのですね?

ええ~謝玉が老堂主でしたか!?( ゚Д゚)
そうそう、藺晨様はあの爺様のイメージが強くてね~( *´艸`)。
あんなに男前だったとは、しかも女好きだったなんて思いもよりませんでしたよ(^^)/。

人様には進めておきながら、自分はまだ2回目を見ていないのですわ。
でも水曜までは絶対に見ます( `ー´)ノ。
も~本当に楽しみでなりませんわ(^^♪。

ちなみに、もうお気づきだと思うんですけど、昔書いた記事にはカテゴリーのトップに表示される画像がカエルとかヒヨコばっかりなのですよ。最近は記事毎に画像を変えているのですが、昔の記事はなかなかまだ修正できていません。

で、この琅琊榜2も同様ですから、この機にそこを直していこうと思いまする。あと細かいところ、麒麟の才子を見てからこその感想をどこかに記しておきたいですからね(^_-)-☆。

あ~Ⅱはもう感激一杯というお気持ち、わかります~。これからも当分は楽しめますね( `ー´)ノ。こん

p.s.第3話は15日の配信ですよ~。もう少しお待ちくださいませね(^_-)-☆。

2020/10/11 (Sun) 07:33

F

ごめんなさい(o*。_。)oペコッ

こんさ~~~~ん!
謝玉じゃないです><夏江でした~
あの悪人の顔を間違うなんて~ねぇぇ(/ω\)
3話は未だでした。待ちます。
登場人物まとめ見てます、しかしよくこんなに詳しく書かれましたね。
有難うございます。

2020/10/11 (Sun) 14:08
こん

Fさんへ

いえいえ、アタイなんかしょっちゅうです(;´Д`)

Fさん、ゼンゼン大丈夫ですよ~。

先ほども「うっかり」は自分の得意分野と他の方に申し上げたばかりですが、アタイは人物名を間違えるなんてしょっちゅうです。しかも頭で分かっていることでも手が勝手に違うことを「しゃべっちゃう」なんてこともざらですからね~(;^ω^)。

これからは「うっかりさん」と呼んでください(爆。

ちなみにトルコ語では「うっかりさん」というより「うっかりおばさん」と言っているらしいですわ。

おお、謝玉じゃなくて夏江でしたか。夏江の方が顔に特徴が無いですよね。良い人にもなりやすそう。謝玉はあのギョロ目ですぐにわかります(爆。

わ~い、登場人物リストもご覧いただいているのですね~。実はまだまだ書き足りないです。2を見る前にはまとめたいと思っていますが、これ作るのめちゃ楽しかった~( *´艸`)。先日最後の動画を見つけて大喜びでした( ;∀;)。こん

2020/10/11 (Sun) 14:16
《他にこんな記事も書いています♪》