韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~48話 皇宮潜入

2019/07/17
琅琊榜2-風雲来る長林軍 6
琅琊榜2

琅琊榜2のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 琅琊榜2~風雲来る長林軍~全50話あらすじと感想、登場人物一覧

中国ドラマ、【琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~】の48話は「皇宮潜入」です。副題通り、久しぶりに「達人」ぶりがうかがえたのは楽しかったですね~。以下ネタバレのあらすじですkakutogi

茶番

3日後に元時を退位させるの宣言通り、元啓は朝臣たちに根回しをし、いかにも浅ましい茶番劇を展開しました。元時が皇帝にふさわしくないから、その資質を備えた元啓にその座を明け渡せと臣下に進言させたのです。も~あまりにもあほらしくて&みっともなくて、見ているこっちが恥ずかしかったです

見参

元時もすっかり観念し、何を言われても黙りこくっていたその時、ついに一報が入りました長林軍の旗印が都に向かっているというのです。これは平旌の作戦でした。元時を助けるためにはとにかく「長林軍」の旗を元啓に見せるのが先決だと急いでやってきたのです

案の定元啓は、そんなはずはない!と血相を変え、その目で確認しにやってきました。報告に嘘はなく、見渡す限りの平野にずらりと並んだ軍は、まぎれもなく「長林軍ですkaeru4

それでも元啓は、こんなに早く兵を集められるはずがないと強がり、あれは寄せ集めだと決めつけました。が、それから数分も経たぬうちに、彼らの後ろに次々と大軍が押し寄せてきますmame

数え切れぬほどの援軍を背にした平旌は弓を引き、元啓に文を届けました。それには元啓に3日の猶予を与えると書かれていたそうです。でも平旌はその間に元時を救出しようと企んでいたらしい

狄明は、門の上から風にたなびく長林軍の旗を見ながら、梁の兵士として生きてきて、まさか長林軍と戦おうとは夢にも思わなかった、と嘆きました。まさにこの言葉が「長林」の偉大さを物語っていましたね。でも、常に日和見かつ中途半端な生き方しかしてこなかった元啓には、この気持ちが分かりません

救出作戦

平旌は飛盞とともに皇宮へ忍び込むつもりでしたが、やっとのことで都を脱出してやってきた岳銀川は反対しました。もし元時に何かあったら、次の皇帝には長林王=平旌がなるべきだと確信していたからです。

でも平旌は己の意思を曲げず、軍の指揮を岳銀川に任せると命じました。これは軍令だ

岳銀川の話を聞いた飛盞も、琅琊榜達人の二人をもってしても元時を救うのは困難だと指摘しますが、平旌にはどうやら何か秘策があるようなのです。飛盞と二人、まるでスパイダーマンのように塀を越え、屋根を走って敵を蹴散らし、元時を救出に向かう姿は実に楽しかったですね~

悪あがき

一方の元啓は、平旌が来たことで長林王府や清風堂にも兵を送って占拠しました。誰よりも平旌をよく知る元啓は、平旌が必ず元時を救出に来ると信じて疑いません。それで元時にピッタリ張り付いてその時を待ちました

元啓は、いざとなったら元時を人質に、自分と安如だけで遠くに逃げる算段をしていたのだそうです

大将がそんなんですから、兵たちも同じで、一部が敵前逃亡を図りました。が、どこまでも身勝手で残忍な元啓は、彼らには死を命じます。最初から「謀反」になるのは分かっていたはず!

自害

また安如は侍女に命じてかんざしを持ってこさせ、それで自害すると皆を脅して部屋を出ていきます。ずっと元時を見張っていた元啓もさすがに驚いて駆けつけてきました。

安如!大丈夫だ!私と君だけは遠くに逃げられるから安心しろ!!

これを聞いた狄明は、元啓に嫌気がさしたというかのようにその場を離れます。どうせなら、次の安如のセリフを聞いてから行ってほしかった。

遠くってどこ?東海へ行くつもり!?

安如は、謀反人の妻になってしまった罪を償いたい、家門に恥じない生き方をしたいと言って、投身自殺してしまいました

安如を呼ぶ元啓の声を聴いた元時は、立ち上がって部屋を出ようとしますが??

感想

そ~こにきっと平旌と飛盞兄貴が来るざんすね

安如は可哀そうだったけれど、本人も言っていたように、もはや彼女にとって生きることは死ぬより辛かったに違いありません。元啓になど見染められなければ、幸せに暮らせただろうにと思うと、実に無念でなりませぬが

あ~今から次の放送が待ち遠しくてなりませぬ

琅邪榜(ろうやぼう)〈弐〉~風雲来る長林軍~ DVD-BOX1

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、引き続きのご利用ありがとうございます(^^)/。

そうそう、これを書きながら、
あ~時代的には侠客のほうがスパイダーマンよりずっと先だよな~と苦笑いしていました。
忍者とかも(^_-)-☆。

やっぱり江湖の侠客はカッコイイですね~( *´艸`)。
琅琊榜1にはそちらの描写も多かったと漏れ聞いていて、
やっぱり見たくてたまりません(爆。

琅琊榜2は1よりおとなしめだという噂もちらほら聞いてはいますが、
それでも十分盛り上がって面白かったですよね~。

息子のために馬鹿なことをした皇太后が、
息子のためなら潔く自害したのも納得でした。

終わったらしばらく寂しくなりそうですが、
今はとにかく没頭しましょうぞ( `ー´)ノ。こん

2019/07/18 (Thu) 07:15

狄明は少し揺れ始めてますね。

こんさん、今晩はー
とうとう、此処に来てしまいました。
岳銀川は本当に人を見る目がありますね。

それにしても、平旌と飛盞の金陵を屋根伝いに夜をかける姿が
楽しかったですね。元祖スパイダーマンみたいでした( ´∀` ( ´∀` )爆
今回は安如のやるせなさに同情しましたよ。
所で、「東海へ」のセリフは狄明に届いてましたよ。
そのセリフの後に背を向けて戻りましたから
多分狄明の心は揺れ出しているでしょうね・・・何かがおかしいと。
兎に角面白いですね。
あー来週でおしまいになるかと思うと寂しい限りです。
長林の鶴の一声で集結するこの軍団に感動しまくりの日々でした。

こんさん、ブログ何回見ても素晴らしさが伝わってきますね。


2021/03/18 (Thu) 23:29
こん

Fさんへ

むふふ

Fさん、こちらにもありがとうございます♪

安如は本当に気の毒でしたね~。でもああするしかなかったのでしょうね。気の毒でしたね。

>「東海へ」のセリフは狄明に届いてましたよ。
> そのセリフの後に背を向けて戻りましたから

むふふ、確かにそう見えるんですけどね~( ̄▽ ̄)。狄明は激怒していたので、その辺は聞こえなかった(もしくはつながらなかった)んじゃないですかね(^_-)。私自身も自分のレビュー見て(・・?と思ったんだけど、それで正しかったみたいです(爆。ま、そこは次回、ご確認くださいませね。

本当に、来週の配信がひたすら待ち遠しいですね( `ー´)ノ。こん

2021/03/19 (Fri) 07:37
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

実はそうなんですよ。
でも、自分たちだけ逃げる算段をしていた、なんて知ったら、怒髪天!になるのも当然ですよね(;´Д`)。

どうぞよい週末を♪こん

p.s. 月曜に予定していたお墓参り、知人の都合で急遽昨日に変更になりました。これで月曜は完璧フリー(の予定)です( *´艸`)。

2021/03/20 (Sat) 08:00

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/03/20 (Sat) 23:27
こん

Fさんへ

ご心配をありがとうございます

Fさん、こんにちは♪
早速ご心配いただきありがとうございますm(__)m。

震度的には4ということでしたが、規模が大きかったらしく、4より大きく感じられました。やっぱり地震は嫌ですね~。

>全体集合は家族なのでは?つまり空集合になりたいとは
>家族から隠れたいという意味ではないか

それもまた面白い解釈ですね~。
クウシュウゴウは、おっしゃる通り、エレメントがない、にもかかわらず「集合体」を呈している。逃れたくても逃れられない「因縁」だから、せめて身を隠したかった、とおっしゃるのですね?

東家は確かにサイコパス的要素はふんだんにありますよ。だってそんな、長男だけ置いて出ていけ、なんて、まともな人間のすることじゃないですからね。あのオヤジも十分おかしかったし。そんな環境で育てられたら、まともな子だっておかしくなりますよ。

逆に言うと、陽斗が東家に残っていたら、本物のシリアルキラーになっちまったかもしれませんね(;´Д`)。まともな家庭で育ったから「常識」は身についたけど、心の奥深くに眠る「サイコ東」の血は消せなかった、なんてね( ̄▽ ̄)。

私は、極端に言うと、ドラマや小説などの「テーマ(≒結論)」は1つじゃなくて良いと思っているのですよ。確かに脚本家や作家の意図するところは1つかもしれないけれど、それをどう解釈するかは、視聴者や読者にゆだねてもよいと思うんですよね。でもって、それだけ「幅広い解釈」のできる作品こそ、良い作品なのではないかと思います。少なくとも私(=妄想族)にとってはそうです(笑。

この作品は色んな要素がいっぱい詰め込まれていて実に楽しいです。だから、少なくとも私にとっては良い作品です(^_-)。最終回、楽しみですね。でも昨夜はちと心配で寝られなかったので、今日は寝落ちしそうだなあ(^-^;。こん

2021/03/21 (Sun) 08:03