韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ワンス・アポン・ア・タイム5 ネタバレと感想 3&4話 壊れた王国

2020/06/10
ワンス・アポン・ア・タイム5-OnceUponATime5 0
ワンス・アポン・ア・タイム5

ワンス・アポン・ア・タイム5】の3話「命取りの座」と4話「壊れた王国」を視聴しました。原題は3話は「Siege Perilous」、4話は「The Broken Kingdom」で4話はそのままですが、3話は「アーサー王の円卓に置いて、聖杯を見つける騎士のために特別に取っておいた椅子」を指すそうです。それがまさに「命取りの座」でした

これまた実に楽しかったですね~。やっぱり見て良かった~。以下早速ネタバレですワンス・アポン・ア・タイム5のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

「エクスカリバーの剣と闇の短剣」をめぐり、エマ及びメアリー達とアーサー王の攻防が始まりましたこのアーサーがまたひどい奴で(;^ω^)。舞台は6週間前のキャメロットと現在のストーリーブルックを行きつ戻りつしていますが、現在はこのエクスカリバーの剣と闇の短剣はともにエマの手元にあります

エマはこの2つを合体させて「光」(の世界)を消そうとしましたが、それができるのは「純粋な者」でなければならぬらしく、その白羽の矢が立てられたのは、ずっと昏睡状態にあり、エマが目覚めさせたゴールドだというから驚きです

You are nothing. Your heart is a blank slate.
お前は何者でもない。心臓も白紙の岩。

その条件こそ「英雄」の必要条件なのだそうです。ゴールドは、英雄にはなれないと断ると、エマは、捕まえておいたメリダの心臓を抜き取り、弓で「臆病者=ゴールド」を脅すよう命じました

I need you to make him just like you. I need you to make him brave.
あんたに彼をあんたと同じ勇敢にしてもらいたいの。

いかにも闇の王らしく、黒い皮のスーツを着て髪をひっつめにしたエマはなかなかカッコいいですよね。でもキリアンは、迷える少女の心を持ったエマの方がお好みのようです

さて次はアーサー王とメアリー達の攻防ですメアリーが負けてなくて頼もしいわ~( `ー´)ノ。これはなかなか入り組んでいて面白かったですね~。こちらはう~んと昔(Many years ago)からまとめさせていただきまする

その昔、馬小屋の掃除人をしていたアーサーは、自分がエクスカリバーの剣を抜いてキャメロットの王になると信じていたそうです。でも信じてくれたのは幼馴染のグィネヴィアだけでした。ケイという男の子はアーサーを馬鹿にします。キャメロットが「the Broken Kingdom」と呼ばれているのはこの国に王がいないからだ。それはずっと変わらない

でもグィネヴィアはアーサーを励ましてくれました

You have to do now is follow your heart.
あなたがすべきことは、心に従うことよ

こうしてせっかくエクスカリバーの剣を見つけたというのに、その切っ先は折れていました。でもアーサーは、その折れたところを見せずに民たちに剣を披露し、自らがキャメロットの王であることを宣言します

それでもグィネヴィアにだけは真実を告げたアーサーは、本物の王になるべく、カーマーゼン(=マーリン)の巻物を読破し、折れた切っ先が「闇の王の短剣」と呼ばれている事実を突き止めました

アーサーは、短剣探しに躍起になるあまり、グィネヴィアの誕生日すら忘れていたそうです

アーサー抜きで始められた宴の最中にぼんやりと座り込んでいたグィネヴィアの隣にランスロットがやってきました。誕生日おめでとう。優しいランスロットはグィネヴィアのために、アーサーからと偽って、グィネヴィアの好きなミドルミストの花びらを散らせましたが、グィネヴィアにはすぐにわかってしまいます。この花がまた、花はバラなんだけど、チューリップみたいに直接地面から出てきた茎に咲くんですよね

その時、ようやくアーサーは翻訳が完成したと言って出てきて、その足ですぐに短剣を捜しに出かけてしまいました

でもなかなか戻ってこなかったのか、グィネヴィアは自らマーリンの「魔法の小手」を見つけ出し、短剣の在りかを聞き出したそうです。なんとも便利なものがあったのに、アーサーは気づかなかったらしい

グィネヴィアはランスロットともに小手に導かれるまま「闇王の地下墓地」に辿り着きました。そこでアーサーが翻訳していた巻物にあったシンボルを押すと蓋が開きます

中に入ったふたりは、黒い魔物に襲われました。グィネヴィアを庇って戦うランスロットを、グィネヴィアは火を使って助けます。その興奮で、つい、グィネヴィアはランスロットにキスをしてしまいました。自分勝手なアーサーより、優しいランスロットに惹かれるのは当然ですよね。でもグィネヴィアは思いとどまりました。

その後ふたりは扉を見つけ、ついに闇の短剣を見つけました。が、掴もうとすると吹き飛ばされてしまいます。そしてそこにはルンペルがいました。ルンペルは、短剣は渡せないが「元に戻ったように見える魔法の砂=アヴァロンの砂」をやろうと言い出しました。その小手と引き換えだ

ランスロットは止めましたが、グィネヴィアは取引に応じました

城に戻ったランスロットはグィネヴィアに別れを告げて去って行きましたが、その二人を見たアーサーはグィネヴィアの浮気を疑います

グィネヴィアからアヴァロンの砂のことを聞いたアーサーは、剣を元通りにするよりも、グィネヴィアの心を取り戻そうとしてグィネヴィアに砂をかけました。グィネヴィアが、短剣が見つかるまでアーサーを支えると約束すると、アーサーはそれまでは「壊れた王国」もこの砂で壊れていないように見せかけたのだそうです

その後ランスロットはメアリーに会い、様々な紆余曲折を経て、メアリーとデヴィッドとの結婚にも立ち会う親友となりましたS2#3では、ランスロットはその後コーラに殺されたということでしたが、それはコーラの嘘で、ランスロットは生きていたことが今回明らかになります

アーサーは、同じように昔は単なる羊飼いの息子だったデヴィッドをうまく操り、Siege Perilousをデヴィッドに与えて味方にしようとしました。それを知ったランスロットはメアリーに会いに行き、アーサーを信用してはいけない、と忠告します。もちろんメアリーは全面的にランスロットを信じました

デヴィッドはなかなか頑なで、ふたりはレジーナも気まずくなるほどの大げんかをしましたが、最終的にはエマを救うという目的のもと、メアリーと協力することにしたようです

ところがアーサーも負けていませんでした。アーサーはグィネヴィアに兵を出させて救出に来させたのです。ふたりはアヴァロンの砂を使い、デヴィッドとメアリーを仲間に引き込みました。一方のランスロットは牢に入れられましたが、アーサーを敵と狙うメリダが助けに来たようですね

メアリーとデヴィッドは、レジーナとロビンに、短剣をアーサーに渡すよう促しましたが?

またデヴィッドはそれがあればマーリンと話せるという「魔法の毒キノコ」を手に入れますが、アーサーに横取りされてしまいました。そのキノコもまたアーサーとともに現代のストーリーブルックに来ており、これをデヴィッドが発見します。レジーナはその目的に気づき、マーリンと話そうとしたようですが?

この行きつ戻りつする分かりにく~い感じがたまりませんね。続きもとっても楽しみです

ワンス・アポン・ア・タイムのレビューはこちらから: シーズン1シーズン2シーズン3シーズン4


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 コンパクト BOX [DVD]

これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》