韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ワンス・アポン・ア・タイム5 ネタバレと感想 第9話 魔法の兜

2020/06/14
ワンス・アポン・ア・タイム5-OnceUponATime5 0
ワンス・アポン・ア・タイム

ワンス・アポン・ア・タイム5】は9話「魔法の兜」(The Bear King~熊の王)を視聴しました。続きも見たことは見たのですが、この9話はメリダ(メリダとおそろしの森)関係のエピソードで、前回との関連性はほぼ皆無でしたので、単独でまとめさせていただきまするね

以下早速ネタバレですワンス・アポン・ア・タイム5のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

メリダの父でダンブロッホ王国の王=ファーガス(Glenn Keogh)は、南からの侵略に備え、民を奮い立たせる目的で、魔女(Lily Knight)に「兜」を作らせました。その際、魔女は、今は欲しいものがないから、いつか借りを返してもらうという契約を結んだそうです。

ところが、王は借りを返す前に戦死したため、それから2年が経過し、弟たちを助け、これからは王となろうというメリダの戴冠式に、魔女が取り立てにやってきました。金貨1万枚か兜を返さなければ、国民全員をにすると脅されます

メリダは、かつて訓練場で知り合ったムーランに助けを求めに行きました。が、ムーランは、失恋の痛手から、かつての優しいムーランとは異なり、すっかりすさんだ生活を送っていました。金を要求されたメリダは有り金すべてを渡します。ムーランは、何も聞かないという条件付きで協力してくれることになりました。

一方で、ゼリーナからアーサーの部下が弱すぎるとこき下ろされたアーサーは「魔法の兜」について聞き及んでいたらしく、ゼリーナとともに兜を奪いにやってきました。このアーサーこそ、ファーガス王を殺害した張本人なのです

メリダもその時戦場にいたそうで、ファーガス王を狙った騎士に矢を放ったそうです。ムーランとともにその場に戻ってきたメリダは、その矢を見つけ、そこに騎士のマントの切れ端が残っていたのを発見しました。

そこへアーサーとゼリーナがやってきます。アーサーはメリダに、ファーガス王が民を操るために兜を作らせたとのたまい、ゼリーナはファーガス王がメリダに残した形見の弓を奪ってふたりで逃げていきます。メリダは、あの勇敢な父ですら魔法に頼っていたと知り、自分に統治者は務まらないと確信しました

でもファーガス王は、迷いに迷った末、魔法の兜は捨てて、王としての誇りをかけて戦いに挑んだことが判明します。メリダに語ったように、王が命を懸けて戦いに挑めば、兵も奮起してくれると言った言葉は事実だったのです

一方でムーランは、魔女の家で犬に変身させられて「番犬」と化していたルビーに遭遇しました。ルビーは仲間に会いたくて魔法の森にやってきたのだそうです。でも仲間はもう残っていなかったため魔女を頼ったところ、番犬にさせられてしまったらしい

ムーランがルビーを助け出したおかげで、ルビーの鋭い嗅覚でアーサーが犯人だと突き止めることができました

メリダは仲間とともにアーサーと戦い、ゼリーナもろとも撃退します

勇敢なメリダは国民から認められ、改めて戴冠式が行われようとしたその時、またしてもあの魔女が現れました。魔女は借金を取り立てるよりメリダを成長させたかったようですね

魔女は祝いの品に魔法の酒=亡くなったファーガス王に会えるというショネイを贈ってくれました。メリダがこれを墓に掛けるとファーガス王が姿を現します。メリダは、なぜ途中で気が変わったのかと尋ねました。

I realized if I wanted to show you what it took to be a leader, I couldn't use magic to do it.
お前にリーダーの手本を見せるなら、魔法は使えないと悟ったんだ

メリダは、真のリーダーとは何かを見せてもらったと嬉しそうに語ります

And I will never forget that. I just want to make you proud, Dad.
私は決して忘れない。私を誇りに思ってもらえるようになりたいの。

王はメリダを抱きしめ、あの世に帰っていきました。メリダは父を偲びながらも、アーサーへの復讐を誓います

さ~てこれからが本番ですね。続きは(たぶん)明日書かせていただきまするね

ワンス・アポン・ア・タイムのレビューはこちらから: シーズン1シーズン2シーズン3シーズン4


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 コンパクト BOX [DVD]

これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》