韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

海上牧雲記 ネタバレと感想 第50話 太子の逆襲

2019/12/19
海上牧雲記-3つの予言と王朝の謎 0
海上牧雲記 中国ドラマ 周一囲 黄軒

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の50話は「太子の逆襲」です。以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


副題通り、笙は片っ端から廷臣たちの悪事を暴露しました袁海清(えん・かいせい)は、薛惑の配下が塩税を横領したことを、呉如鏡(ご・じょきょう)は、穆如軍に兵糧を送らなかったことを白状させられます


さすがの勤も奥にこもってはいられず、笙とともに廷臣たちの「本音」を聞いて対処することにしました。袁海清は薛に(自殺に見せかけて)殺されたようですが、呉如鏡の処罰を命じられた穆如寒川は兵士たちに命じて呉如鏡を滅多刺しにします


寒川は、ようやく勤も粛清に乗り出してくれた、あともう少しの辛抱だ、と遠い瀚州にいる父と兄に心の中で呼びかけました


が、そんなこととは知らぬ兄の寒山はついに暴走してしまいます。寒山は、速沁部族の職人達をとらえ、女子どもに至るまで残らず虐殺しました。プライドの高い瀚州人なら、そこまでされれば必ず報復のために出てくる、と確信していたからです


これを聞いた槊は激高し、寒山の指揮官としての印章を取り上げました


牧雲寒は寒山を慰めようとしますが、寒山は、寒の横に立っていた厳霜を睨みつけて、私は間違っていない、と豪語します。今更ですが、槊が息子たちに「寒」の字を与えたのは、教え子として託されたこの寒山からもらったのでしょうかね~。


一方、一族が殺されたと聞いた紫炎は、早速、鉄轅に復讐を頼みに来ました。が、鉄轅は、和葉から言い含められていたらしく、穆如軍の前に出ることを嫌って紫炎をなだめようとします


すると紫炎はすぐに和葉のせいだと察し、5大部族の誰もが鉄轅ではなく和葉を鉄沁と認識している、と言い出しました。もともと紫炎は、やはり、和葉を一族の仇だと考えているようで、鉄轅は、和葉のみならず鉄轅も速沁部族を殺したと言って納得させようとしていたのですが


俺たち八大部族は「敵」同士だが、ここで仲間割れをしたら本当の敵を倒せなくなる!


和葉が事実上の鉄沁だというのは疑いの余地がないので、鉄轅も気づいてはいたことでしょう。それでも一応は立ててもらっているのですから、変な気を起こさなければよいのですけどね~


何せ妹の鉄朶ですら、今鉄轅のために働いているのは、和葉を王にするためだと言っちゃうほどですからね。鉄朶は今、雪でも通れる交易路を探しているのだそうです。


蘇赫のおばばに言われて鉄朶を待っていた和葉を見た鉄朶がまた嬉しそうでしたね~。まったく和葉な罪な男でござりまするね


それ以外では、笙の侍女の惜柳(せきりゅう)が笙の命を狙いました。「ある方」にそそのかされたようですが、やっぱり徳でしょうかね~


ますます盛り上がってきた「海上牧雲記」は今日の放送も楽しみですね



海上牧雲記・3つの予言と王朝の謎(DVD-BOX1~4)

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.