韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

海上牧雲記 ネタバレと感想 第52話 3つ刃の剣

2019/12/21
海上牧雲記-3つの予言と王朝の謎 0
海上牧雲記 中国ドラマ 周一囲 黄軒

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の52話は「3つ刃の剣」です。いや~ここの登場人物は父親との確執(ファザコンか)を抱えているく子が多いですね~。笙と寒江に加えて徳と寒山もですよ。和葉はその点、幼い頃に父を亡くしていますから、大人にならざるを得なかったのかもしれませんね


以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


龍錦煥に捕まった寒江は、徳に引き渡されることになりそうです。姫昀璁の目的は寒江に笙を殺させることでしたが、徳のターゲットは勤なのです


これまでの徳の言動からして、彼は彼なりに(自分同様)父に迫害されてきた笙に共感を抱いていたのかもしれません。ま、お門違いですけどね。徳は幼い頃、欒によって珪璃谷の商人に養子に出されたのだそうです。


姫昀璁は蘇語凝を助ける代わりに、寒江に言うことを聞くよう命じました。寒江は姫昀璁が差し出した丸薬を飲み込みます。たとえそれが毒だろうと蘇語凝を助けるためなら構わないと言い放ちました


蘇語凝は一命をとりとめ、寒江は監禁されました~それも九州客桟に。徳が龍錦煥に寒江を渡せと持ち掛けたようです。


姫昀璁は、せっかく助けた蘇語凝に悪人呼ばわりされたのが応えたのか、寒江を渡したくない様子でしたが、龍錦煥から、徳と組まない限り、晟朝の復活など到底無理だとけなされました。徳と組んで霍思忠を動かすべきだと主張します。姫昀璁は以前から霍思忠の軍隊を欲しがっていましたものね。


姫昀璁は、寒江と蘇語凝が互いのために命をも投げ出そうとしたのを見て、彼女なりに思うところはあったようでしたが、晟朝の復興という大義の前には、人間らしい感情など邪魔だということで、龍に服従を誓いました。


一方で欒は腹心の木原から徳の動向を聞かされ、宛州に戻ると言い出しました。徳が用意した偽の通行証でいち早く宛州に戻ったのは、乱を恐れて逃げたのではなく、挙兵のためのようですね


なんでも、かつて南枯祺が流民や暴徒を集め、穆如式訓練法を駆使して鍛え上げた大軍が宛州にあるそうなのです。そこには勤が下賜した凌風(軍馬)も千頭いるのだとか。(千騎と言っていたので兵隊付きかもしれません


また瀚州では、槊がようやく寒山に声を掛けました。己のしたことは間違っていないと確信しながらも、父を失望させたことには心を痛めていた寒山は喜んで務めを果たそうとします。槊は寒山に、勤宛の書状をしたためるよう命じました。


が、その内容から寒山は、父の自分へのわだかまりを感じます。槊は、策達猛と不戦協定を結んで3部族の参戦を防ぎさえすれば短期決戦が可能だと語ったからです。猛を瀚州の長に据えて瀚州人から覇気を奪えば、北の安定を確保でき、瀚州の民も戦禍を免れる


確かにそれが王道でしょうが、果たしてそううまく行きますでしょうかね


その文を受け取った勤は、ようやく今になって笙を愛おしんでいます。笙が生まれた6月~その誕生日に雪が降った絵を描き、世間は天災だと騒いだが、自分は喜びしか感じなかったと笙に伝えました


手紙の内容を聞いた笙は、自分が猛と協定を結びに行くと申し出ますが、勤は暗殺を心配して止め、薛或と孤松直を呼ぶよう命じます。今頃は泰風殿で、朕を倒す謀議の最中だ


果たして勤は何を考えているのでしょうか


海上牧雲記」は来週の放送が待ち遠しいですね



海上牧雲記・3つの予言と王朝の謎(DVD-BOX1~4)

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》