海上牧雲記 ネタバレと感想 第54話 母への叩頭

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の54話は「母への叩頭」です。あ~またしても「父親ども」が憎たらしくてならなかったわ~。以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


九州客桟の牢に囚われていた寒江は、秦玉豊に母・嫣の安否を尋ねました。玉豊はいたましそうに亡くなったと答えます。穆如槊は、嫣が息子に殺されたと世間に広めたそうですが、玉豊は、嫣が寒江を庇って自害したことを知っていました。


嫣を殺したのは槊だっ!!とテレビの前で大騒ぎしていたのはおばさんだけでございましょうか自分の罪を息子に擦り付けるな!


玉豊の話に寒江はひどい衝撃を受け、どこに埋葬されているのかと尋ねました。槊は嫣を先祖代々の廟ではなく、新しく墓を建てて祀ったそうです。毎朝先祖を拝むのに嫣が一緒にいては心苦しくてならなかったからだそうですが、個人的には、毎日毎分毎秒、罪悪感に苦しめっ!!と言いたかったですわ


寒江は、何としても嫣の墓前で謝罪したいと、玉豊に牢から出してほしいと頼みました。そんなことをしたら命が危ないと断ったものの、ああ見えて優しい玉豊は、寒江の寒徹剣を渡して牢の鍵を開けてくれます。無理を承知で、できることならすぐに帰ってきてほしいと頼みました。もちろん寒江もそのつもりです。


が、そんな寒江を待っていたのは、寒江が母を殺したと信じて疑わない寒川でした。穆如鉄騎も、既に槊から寒江を殺すよう命じられていたらしく、寒江が姿を現すと一斉に襲い掛かってきます


何でも穆如鉄騎の「陣」は難攻不落と有名だったらしいのですが、寒江は、幼い頃父親代わりに育ててくれた穆如元の教えを思い出し、見事にこれを突破しました


それで寒川はますます激怒します。息子の自分ですら「陣」の解き方を知らないのに、女のために一族の顔に泥を塗った「ならず者の寒江」がその方法を知っていたことが許せなかったからです


寒川は全軍を呼んで寒江を殺そうとしました。が、寒江はどうしても嫣を母と呼ばねばならぬと言い張り、寒川を黙らせます


優しかった母を思い出しながら、寒江が固い石畳に頭を打ち付けるシーンはなんとも胸が痛みましたね。嫣はそんなことは決して望んでいないでしょうが、寒江はそうでもしなければ気が収まらなかったのでしょう。どうしてあの時、一度でいいから「母」と呼べなかったのか!母上っ!!


何度も何度も叩頭している姿に寒川がしびれを切らして、寒江に襲い掛かりました。寒江は一切抵抗しません。そのうちに頭を殴られて血を流し、気絶してしまいました。あ~このシーンもエンディングにありましたっけね。


そこへ、玉豊から話を聞いた龍錦煥が寒江を連れ戻しにやってきました。龍錦煥は秘術を使って穆如鉄騎を蹴散らし、寒江を担いで連れ出します。寒川はなすすべもありません。寒山は優しくてイイ子なのに、コイツはなんでこんなに性悪なんですかね~


果たして寒江の運命やいかに??また玉豊も、徳がタダでは置かぬと息巻いています


その玉豊は死を覚悟し、全財産を月漓に渡そうとしました。が、月漓は、一瞬情にほだされたようにも見えたのに、すぐに我の強い自分を取り戻し、そんなはした金はいらぬ、と突き返します。玉豊が、これをまた拾わずにいられなかったのが、なんとも気の毒でございましたね


そして月漓は、どうやら欒に目を付けられたようですね。何せ月漓は明儀の姪で(そうは思わんけど)顔も似ているのだそうですよ。薛惑は、いかにもス〇ベそうに鼻の下を延ばしていましたが、欒が月漓を見る目はまた違っていたようです。欒の明儀への気持ちは、彼なりに真剣だったということでしょうが。


ということは、またしても徳は父親に裏切られる=好きな女を取られるということですわ


一方で合戈も、月漓同様、以前とはだいぶ変わっていました。釈放とは名ばかりで死地に赴かねばならぬというのに、今の合戈は、ただひたすら、父の勤に許してほしいと願うばかりなのです可哀そうな合戈


その悔悛の情を示すために粗末な衣を着てきたのに、明儀が寄越した籠になど乗れるはずもありません。裸足で勤の居所へ行き、こちらも叩頭していました


明儀もそうですが、ここでも悪いのは勤だと思えてなりません。明儀もさんざん言ってましたが、銀容が現れる前の勤は、明儀や合戈のことも大事に思っていたそうなのです。それを、最愛の人に巡り合ったからと言ってないがしろにするから、そのしっぺ返しを食らったのですよね。銀容や笙と同じように彼らも大切にしていれば、合戈もあれほど野心家にはならなかったでしょうに


槊に勤、そして欒という身勝手な父親たちに翻弄される息子たちが気の毒です。彼らが早く父親の影響から逃れることができるよう、見守りたいと存じまするバカ父どもめ!( `ー´)ノ


海上牧雲記」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎 DVD-BOX1~4


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません