韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

海上牧雲記 ネタバレと感想 第55話 女たちの決断

2019/12/26
海上牧雲記-3つの予言と王朝の謎 0
海上牧雲記 中国ドラマ 周一囲 黄軒

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の55話は「女たちの決断」です。いや~これまた盛り上がってまいりましたね~。以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは最も気になる厳霜から参りましょうか


寒山が、ついに、厳霜を囮にしました。それでも一応は本人の了解を得たのが、いかにも寒山らしいですね。命を貸してくれと言われた厳霜は、あっさり、好きに使えばいいと答えました。厳霜は、あの日、瀚州を出て以来生きる屍なのです。むしろ早く死んでしまいたいと日々願っていたのでしょう厳霜が可哀想(;´Д`)


とはいえ、寒山の真の狙いを知っていたら、そう簡単には承服できなかったでしょうに


寒山は、父が反対するのも聞かず、密かに「秘術」を手に入れたようなのです。射られた者を追跡するという「策踪矢」で厳霜の腕を狙い撃ちしました。以前厳霜が使っていた銀羽矢も似たようなものでしたよね。


そして寒山は厳霜を木からぶら下げて和葉をおびき寄せようとします


近くにいた蘇赫はその姿に驚いて、早速和葉に知らせに行きました。和葉はすぐに厳霜を助けに向かいます。和葉は、金珠海を失った後、自分の女を殺すものは生かしておかない、と心に誓ったのだそうです


その前に立ちはだかったのは鉄朶です。鉄朶は、行くなら私を殺してからにしろとわめきましたが、和葉は、鉄朶は妹にしか思えない、と相手にしませんでした。金珠海を死に追いやったのはほかならぬこの鉄朶なのですから、妹じゃなければ殺されていましたよ


厳霜が和葉に、これは罠だと言えればいいんですけどね~


また合戈に会いたい一心の月漓は、やはり、欒からその見返りに体を求められました。明儀に勤を殺すよう頼んだのに、あっさり断られてしまった腹いせもあったかもしれませんね


明儀は、欒が思っているように、勤を殺すつもりなどないのですよね。殺したいほど憎いのと実際に殺すのとでは、特に男女関係においては、天と地ほどの違いがあります


そんなこととは知らない合戈は、ただひたすら勤に許しを乞うていました。丸一日叩頭をして、ようやく勤が出てきたと思ったその時、明儀が合戈を止めに来てしまいます


あそこで明儀が来なかったらね~あるいは勤は合戈の誠意を認めてくれたかもしれなかったのに、明儀が合戈が勤におもねるのを嫌った明儀が合戈を殴ると、勤はそれ見たことかと踵を返してしまいました


それでも合戈は、まだすべてを諦めたわけではなさそうでしたね。(不戦交渉を成功させて)必ず栄光を取り戻すつもりだが、もし死んだとしてもそれが名誉ある死なら本望だと明儀に語っていました。


また紫炎は速沁部族を引き連れて部族連盟を脱退しようとしていました。部族の男たちは皆、たとえ死んでも、戦わずに馬鹿にされるよりはマシだと訴えています。


紫炎にはお腹に鉄轅の子どもがいたのですが、紫炎は、せっかく手に入れた温かい家族を捨てる決意をしたようでした


あ~なんとも気がもめる展開になってまいりました海上牧雲記が楽しみですね♪


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎 DVD-BOX1~4


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.