韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

海上牧雲記 ネタバレと感想 第69話 真犯人

2020/01/15
海上牧雲記-3つの予言と王朝の謎 1
海上牧雲記 中国ドラマ 周一囲 黄軒

海上牧雲記のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 海上牧雲記 あらすじと登場人物、キャスト一覧


中国歴史ファンタジー、【海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎】の69話は「真犯人」です。なるほど~そう来ましたか。以下早速ネタバレです海上牧雲記のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


勤を殺したのは阿善でしたが、その阿善を殺したのが寒江だったそうです


風婷暢からもらった凝心丸を飲んだ笙が事の真相を突き止めました。笙は秘術でその様子を見ながら必死で寒江を止めようとします寒江、駄目だ!!。阿善を生かしておけば寒江の無実が晴らせたからです。つまりは呉如意も同様ですわね。虞心忌は、自分が寒江に倒されたため、皇帝も寒江に殺されたと思い込んだのでしょう


そこへ墨禹辰が現れました。彼は笙に、合戈の師と言うだけではなく、かつて勤を殺そうとした刺客だったことを思い出させます。墨禹辰曰く、笙はすべてを失ってこそ完全になるのだそうです


その言葉通り、笙は今、すべてを失おうとしていました。どうやら笙は幽体離脱しているらしく、生身の笙は凝心丸を飲み過ぎたために「他人に操られる」事態に陥っています。


そこに明儀と合戈がやってきて、寒江が勤を殺したという文書と穆如一族全員を有罪とし、死罪にするよう命じた文書に署名をさせました。合戈は、このような事態を招いたのは太子である笙だとし、自ら太子の座を退いて罰を受けるよう言い渡します


悪魔に魂を売った明儀と合戈は、寒江と笙を門の外につるしました巨大な鳥かごのような檻です。寒江は笙を心配しつつも、本当に自分が勤を殺したのかと問いただしますが、笙には意識が無いようです。寒江も秘術で操られていたために記憶が無いようですね


大きな異変を感じ取った人々は次々に天啓を脱出していきました。


一方の瀚州では、寒山がこの戦いに終止符を打ちました。寒山が粘っていたのは槊を無事に天啓に帰すためだったので、この戦いが始まって11日が過ぎたと聞いた寒山は、もうここまででよいと「陣」を解かせます。槊もちょうど船に乗っていたようです。


穆如の兵たちが最後はこぞって厳霜=牧雲の姫を守ろうとしたのには胸が痛みましたね~。それで和葉は、以前厳霜が願ったように、目を合わせぬよう自ら目隠しをしていました。


戦いは連合軍の勝利に終わり、寒山は捕虜になりました。その寒山たちが「大将」の代わりに丸太に着せていた槊の鎧を、鉄轅が得意そうに着こんでいます。その横には紫炎が何事もなかったかのようにはべっていました。


こうした浅はかさがいかにも蛮族どまりなのが悲しいですね。しかも鉄轅は酒の余興に寒山を辱めようとしていたようです


和葉は、まだ宿敵の穆如槊を倒していない、これで終わりではないと苦い表情を浮かべていました。


そこへようやく鉄朶が戻ってきます。鉄朶は「海を渡って天啓を討つ!」と和葉の心を代弁し、龍格と苦速に加えて索達の族長の印章を、兄の鉄轅ではなく和葉に捧げました。これであなたと兄は対等よ。鉄朶は今でも和葉が鉄沁だと信じて疑わないのです。船も見つけたわ!


皆の前で顔を潰された鉄轅も、相手が可愛い妹では手が出せません。これは鉄朶の我儘だと冗談にしようとしますが、最近ずっとコケにされ続けて不満は溜まっているはずです。


さ~ていよいよ残りも6話となりましたね~。なんとな~く6話では収集が付かないような予感がしてまいりましたが、とりあえずは最後まで楽しみたいと存じまする中途半端で終わりそうな気がします(-_-;)


海上牧雲記」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



海上牧雲記・3つの予言と王朝の謎(DVD-BOX1~4)

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪

本当にムカッとしましたね~。
合戈に同情して損しましたね(爆。こん

2020/01/16 (Thu) 08:00